MENU

モテ肌になろう、美肌・美白を手に入れるためにすることとは

お肌が綺麗でメイク乗りの良い女性は、厚塗りをする必要がありませんので、清潔な美しさを感じさせてくれます。
女性の肌のきめ細かさは、男性にはない部分で憧れでもあります。
色白で透き通るようなお肌をしていれば、男性ならば触ってみたいと思うものです。
メイクに頼ることなく、色白美人になる為にはどのようにしたら良いのでしょうか。

 

1. ストレスをためずに睡眠をとること

当たり前のことですが、美肌になる為には健康状態が良くすることが基本です。
寝不足の際にお肌がボロボロになったり、吹き出物ができてしまったりするのは誰にでも経験があることですね。
お肌のターンオーバーを活性化する為には、ストレスをためずに、充分な睡眠をとることが大切です。
また、身体の基礎代謝を上げる為にも、適度な運動は必要なのです。
代謝が上がることにより、新しい細胞が生成されて、身体の内側から美しくなることができるのです。

 

2. 美白にはビタミンCが一番

ビタミンCは、昔から女性のお肌の強い味方として知られています。
最近ではこのビタミンCよりも安定性がよく、お肌に浸透し易いと言われる「ビタミンC誘導体」という成分入りの化粧品が販売されています。
「ビタミンC誘導体」を取り入れることにより、お肌の抗酸化作用が強まること、メラニンの生成を抑えること、お肌のターンオーバーを活性化させること、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促すことと、美肌に関する全ての効果を期待することができるのです。
美しくなるためですので、しっかりと成分を調べて自分に合った化粧品を使うこともモテる為のテクニックです。

 

3. 紫外線に注意をする

紫外線は、浴びている時には気が付きませんが、夏が過ぎた頃にシミとなって現れます。
お肌のターンオーバーがきちんとできていればシミもすぐに消えますが、代謝が落ちるとシミやソバカスとなって残ってしまうものです。
真夏の直射日光には注意をして、日焼け止めを使う様にしましょう。

 

4. 栄養のバランスを考えた食事を

ダイエットをしているからと、極端な食事制限をするとどうしてもお肌がしなびてしまいます。
急なダイエットよりも、運動を取り入れてすこしずつ体重を減らしていく方法が良いでしょう。
どんなに色白でもハリ・ツヤのないお肌は魅力的ではありません。
痩せすぎよりも、みずみずしいもっちり肌を目指しましょう。

 

終わりに

日本人は元々「黄色人種」であり、真っ白なお肌ではありません。
美白といっても純白になることはありませんので、健康的な色合いの和風色白美人を目指して下さいね。